2014年8月24日

町内会という最悪の組織

現在うちは、班長が回ってきており・・・まぁ、考えさせられているのです。

班長の仕事(- -;)

・年3回会議への出席
・回覧板の配布
・毎月市政だよりを戸別配布
・町内会費の戸別徴収
・敬老祝賀会への参加有無の戸別確認
・募金(3種、戸別徴収)
などなど。

これ、完全に無料奉仕なわけです。

お金なんて全て銀行振り込みで良いわけだし、連絡なんて町内の掲示板に貼るなり、メールを一斉配信するなりで構わないのではないかと思います。

しかも、皆が家に居るなんてことはないため、何回も何回も伺わなければならないのです。中には、いつ行っても留守で1つの徴収に4~5回足を運ぶ家もあります。

くどいようですが
これ、完全に無料奉仕なわけです。

町内会費は月300円です。

で、特に疑問なのが、
・赤い羽根(最低500円)
・社会福祉協議会への寄付(300円か1000円)
・赤十字(最低500円)

これらの募金って何なんでしょうね。

任意と言いつつ払わない訳にはいかないように仕組まれています。だって、町内で誰がいくら払っているか、他の人に丸わかりなのです。仕方ないので最低金額で支払っていますが。

つまり、町内会に入るだけで年4,900円は強制徴収されるようなもの。加えて役員や班長になると、無償労働まで提供させられるのです。

しかも、班長になると、何十年前にも遡って、誰がいくらのお金を寄付したか記載されているデスノートが回ってきます。「前年度支払った額をめどに徴収しろ」ということみたいですが・・・。赤十字なんて、一度でも支払うと社員ということにされて領収書に(前年度支払った)金額と名前を印刷してよこしますからね。

こういうの、プライバシー的に(個人情報保護法とか)問題ないのでしょうかね。

越してきたばかりのとき、この辺りは、近所づきあい等は割と希薄というか淡泊というか、 あまりないと言われました。「皆、お互いに、あんまり干渉し合わないから楽よ~」と。

実際、とくに町内会でこれといった活動をしているわけではなさそうです。班長以外の役員は、商店街(結構遠くなのですが)の方々が率先してやるようですし。震災のときですら、町内会で何かする、みたいなことはありませんでした。

もっと田舎に行けば、隣組、青年団、消防団、婦人会、葬式の手伝い?などなどもっと色々面倒なのでしょう。・・・私は、あまり田舎に住むこと、できませんね。

町内会。
何だか、あまりにも時代錯誤で、信じられないことをしている組織です。折を見て、可能ならば脱会したいものです・・・。