2015年1月30日

結婚式と自分達の価値感

結婚式を挙げた友人(祝電を送りました)から近々会おうというメールが来ました。式に参加しなかった私に、アルバムやらビデオやら見せたいそうです。

(笑)お断りします。

私達は結婚式を挙げませんでした。私は、もう小学生の頃から、結婚しない、式も制度も馬鹿らしい!と言い続けていたので。

といっても、さすがに結婚式は断固拒否でした。無理じいされるなら争う覚悟でしたが、意に反して誰からも全く反対されず。それどころか、夫のご両親からも「堅実だ!」とホメられ(∀`*ゞ)エヘヘ

なので、友達の反応が最も強烈でした。

入籍が決まった後の飲み会で、友人達に伝え忘れていたのを忘れていたのを思い出し、
「そういや、私○月に入籍して姓が○○に変わるからよろしく」と言ったのです。
すると、
「!?」
「ギァァア?!ウソ、何で!!」
「何で突然!?何で何も言ってくれなかったの!!」
「ってか、何でそんな軽いことみたく言ってるの!!」と、皆大騒ぎしているのです。

突然も何も、人の入籍で(姓が変わるだけ)何をそんなに驚くのか謎でした。

なので、籍入れるだけだし(役所に紙提出するだけ)、
「大した事じゃないと思っていたし、思っている」と言うと、
「我々には大ごとなんだ!」と言われ(?人の入籍が?)
「式はいつ???」と言うので
「するわけないじゃん、そんな面倒なこと(学生時代から常々言っていたけれど冗談だと思われていたのか?)」
と返すとまた、
「ギァァア?!ウソ、何で!!」
と大騒ぎに……。

で、解散した後、方々に連絡が回ったらしく、「驚きました!二人で幸せな未来を」みたいなメールが次々と……。とくに仲が良かった親友は、「何で何も言ってくれなかったの!」と、なぜか怒っている様子(●ω●;)

しかも、しばらくした後、皆から贈り物とメッセージカードが家に送られてきてビックリ。もちろんお祝いを頂いて嬉しくない訳はないけれど、何かもう……感覚の違いにひたすらビックリ

私と友人達とは、結婚に対する価値観が激しく違ったようです。
というか、いまだによく分からないですね。

正直、入籍は税や保険、財産相続、確定申告で得だからしたのです。この辺りのことが、子供~学生の頃は理解できていなかったですね。結婚と入籍を混同していました。

もちろんお互いが愛し合っているのは当然ですよ。でも、ただ一緒に居たいだけならば、終生同棲していれば良いわけで。なので、やっぱり入籍の理由は税や保険、財産相続、確定申告で得だからなのです。全然ロマンがないですね(;^ω^A

人の結婚式も出ません。祝電と贈り物だけで済まします。しかし、自分達が結婚式を挙げて友人に来てもらっていたら、欠席する訳にいかなかったでしょう。

自分達が結婚式をしないで済んだ挙句、人の結婚式に出ないで済むという特典までついてきました。言い方は悪いですが、一石二鳥。負の連鎖を断つことができて良かったです。

まぁ、友人達は
「あの子は、変わり者だから」とでも言っているでしょうが。